循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOPTOPICS>京都カルチャー

京都カルチャー

◆楽磁器

 磁性鍋の姉妹品が新たに市販されます。
                             特許第4993058
                            特許第5804233

rakujiki1.JPG



















紫野和久傳による楽磁器の販売
2016年4月13日、東京三越日本橋本店5階で「和久傳のあそびとしごと」と題するイベントが5月10日まで開催されます。
そのなかに、楽磁器が展示販売されています。
和久傳は今更説明するまでもなく、京都を代表する古い料亭で、中でも高台寺和久傳のファンは後を絶ちません。
料亭料理は、多くの季節の料理をお出しし、最後の一口をどのような料理で締めくくっていただくかが、常にテーマになっています。
最後の締めくくりの一口の味覚が、多くのお客様への思い出として、残されています。
紫野和久傳では、「なごみ」の惣菜シリーズが、和久傳の最後の一口として、東京伊勢丹等の百貨店の惣菜コーナーで、販売しています。
総菜類は、どのような包装においても、経時変化があり、炊き立ての美味しさを、何時までも、お届けするのが大変難しく、試行錯誤されていました。
高台寺和久傳の味覚をご家庭で、簡単に常に再現できるが希望されていました。
楽磁器は、電子レンジで、数十秒間の加熱で還元過熱され、炊き立ての美味しさを再現できることから、今回採択され、販売されています。

2016年5月10日 東京三越日本橋本店5階 「和久傳のあそびとしごと」のイベント会場での楽磁器の展示販売は終了いたしまた。


開発の目的
高齢化社会になり、食品売り場の傾向が少しずつ変わりつつある。
量販店の食品売り場では、生鮮食品の売り場の陳列ケースよりも、総菜類の売り場の方が賑やかになり、魚や肉類の加工品から、家庭で、従来調理されていた、魚の煮付け、野菜のおしたしや枝豆やサツマイモの煮付けなどが増え、百貨店では、京都の一流の料亭が調理した、総菜類も数多く販売されている。
家庭では、個食が多くなり、少量の調理を美味しく食べたいという、高齢者の方々の要望に取り組んでいます。
総菜類は、作りたて、炊き立てが何よりも美味しく、時間と共に味覚は、低下していく。
加工食品では、味覚が落ちない工夫として、真空包装や脱気包装などがあるが、作りたてを超えることは難しい。
少量の惣菜を美味しく食べていただきたい!!
我々は、そんな思いを、京都の料亭、紫野和久傳と共に工夫し楽磁器を製作しました。
電子レンジで使用しそのまま、食卓で御使用できます。

小鉢 (250cc)
中鉢  (500cc)

◆野村昌司氏個展終了しました

DSCN0856.jpg                     2009年12月1日~6日まで、個展が無事に終了いたしました。

竹パルプの香りの和紙は書道家の方にも好評でした。




くわしくはこちら→

◆「青の風画」野村昌司氏個展 いよいよ明日より開催

野村昌司氏の個展がいよいよ明日より始まります。

リボーンで採取した香りの樹の葉を竹パルプに漉き込み、野村さんがデッサンを描いておられます。
まだ小さな作品ですが、大きな可能性を秘めています。
従来の和紙には描けない風味が見られます。
未利用資源の活用が次代に欠かせせないテーマです。
是非お立ち寄り下さい。

京都の紅葉もほぼ終わり始めています。

■「風の風画」野村昌司展
■時期:2009年12月1日~6日(11:00~19:00 最終日17:00まで)
■会場:ギャラリー中井
     京都市中京区三条木屋町上ル東側
■TEL:075-211-1253

くわしくはこちら↓
http://www.lohas-design.jp/binbogusa/cat26/post-4.html 

       
個展案内状ダウンロード(PDF)→

◆「青の風画」野村昌司展によせて

gion.jpg21世紀が始まり、何故か私の中に「青」のイメージが広がりました。イメージする「青」は透明感の強い「青」、言わば透き通った「青」、その「青」に「時代の色」を感じて「青の風画」と名付け描き始めました。その後驚いたことに、青色発光ダイオードの発明とも相まって世の中には「青」が急速に広がって行きました。初めて美しく輝く巨大な「青のクリスマスツリー」を見たときはちょっと感激でした。

詳しくはこちら→



個展案内状ダウンロード(PDF)→

◆野村昌司氏個展開催のお知らせ

2009年12月1日より6日まで、野村昌司さんの個展が中井画廊(木屋町三条上がる東側)で開催さ
れます。

「貧乏草と京都の四季」そして新しい竹パルプに樹の葉の香りを漉き込み作られた、新しい素材に画を描かれています。
この香りの紙はリボーンの新たな素材開発を京都工芸繊維大学木村照夫教授と我々と
の共同研究によって、開発された新たな商品です。

 

くわしくはこちら

◆野村昌司氏、貧乏草スケッチ公開2

野村昌司氏とのコラボ、貧乏草企画。
夏のスケッチの一部を公開しています。

くわしくはこちら

以前のスケッチ公開はこちら

◆野村昌司氏、貧乏草スケッチ公開

貧乏草の季節を通して移りゆく姿を、京都の四季と併せてスケッチしてゆく、貧乏草企画。
10月の個展にむけた野村昌司氏のスケッチの一部をご紹介します。

詳しく見る

◆新テーマ「貧乏草」企画中!

この度、画家の野村昌司氏との共同制作で、「貧乏草」を企画しています。

◆武藤順九氏と高瀬川のイベント

takasegawa2.jpg2009年4月1日~4月6日に掛けて京都市の高瀬川で4点の彫刻が展示されています。

 
戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略