循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOPTOPICS>メディア掲載情報

メディア掲載情報

◆野菜からの新たな発癌性物質が報告されました。

魚類、肉類の焼け焦げの中に生じるヘテロサイクリックアミン類は発癌性物質として、知られていました。ヘテロサイクリックアミン類は、肉類、魚類を150℃以上の高温で加熱したときの焦げた部分や燻製料理の肉類及び魚類に多く含まれています。

2016年3月8日(火)、朝日新聞、日本経済新聞、他各紙に、野菜や穀物を高温で調理した場合に生じるアクリルアミドののリスクについて、掲載されている。

◆第3回 木暮人祭り2014 河野武平/NPO法人未利用資源事業家研究会副理事長・株式会社精善代表 講演

 第3回 木暮人祭り2014


2014年9月20日(土)21日(日)


AM10:00~PM17:00


富士見パノラマリゾートにて開催


出展も入場もすべて無料


http://maturi2014.kogurebitoclub.com

あなたも皆と一緒に
木暮人の森へ遊びに来ませんか

主催:一般社団法人 木暮人倶楽部
協賛:一般社団法人 日本ログハウス協会


協力:一般社団法人 富士見町開発公社 富士見パノラマリゾート


後援:長野県、岡谷市、諏訪市、茅野市、下諏訪町、富士見町、原村、林野庁中部森林管理局、長野県木材協同組合連合会、長野県森林組合連合会、長野県林業団体協議会、公益財団法人長野県緑の基金、長野県日中友好協会、長野日報社、エルシーブイ株式会社、株式会社地球丸、デジタルハリウッド大学大学院


開催場所:富士見パノラマリゾート(スキー場)


〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703


TEL:0266-62-5666 http://www.fujimipanorama.com


◆農工商連携を目指してNPO法人未利用資源事業化研究会発足

京都工芸繊維大学 木村照夫教授、株式会社精膳 代表取締役河野武平氏らが中心となり、NPO法人 未利用資源事業化研究会を発足し、農工商連携を目指して動き出した。

NPO法人 未利用資源事業化研究会ホームページ

NPO法人 未利用資源事業化研究会facebookページ


2012年2月14日の日刊工業新聞に掲載されました

120214nikkankogyo.jpg

◆平成23年6月10日(金)毎日新聞に野菜シートが掲載されました。

株式会社 精膳社長 河野武平、京都工芸繊維大学「未利用資源有効活用研究センター」木村照夫センター長、京都精華大学 田村有香準教授の産学連携によって共同開発された野菜シート 



110610mainichi.jpg


◆【中國新聞掲載】4月24日に、「しまの大学」が開校しました。

上島町の弓削島で、産業や住民サービスの自立を目指す民間グループらがNPO法人「しまの大学」を立ち上げ、4月24日に開校しました。

 

shimanoNews_vol.7.jpg

◆【読売新聞掲載】4月24日に、「しまの大学」が開校しました。

上島町の弓削島で、産業や住民サービスの自立を目指す民間グループらがNPO法人「しまの大学」を立ち上げ、4月24日に開校しました。

 

shimanoNews_vol.6.jpg

 

 

◆【朝日新聞掲載】4月24日に、「しまの大学」が開校しました。

上島町の弓削島で、産業や住民サービスの自立を目指す民間グループらがNPO法人「しまの大学」を立ち上げ、4月24日に開校しました。


shimanoNews_vol.5.jpg

◆許せない、石原知事の発言 「津波で我欲を洗い流せ、これは天罰だ!! 」

許せない、石原知事の発言

「津波で我欲を洗い流せ、これは天罰だ!! 」

2011/03/20

 

東京電力の大株主は、東京都である。

東京電力の事故は大株主である東京都の責任は当然存在する。

知事は、福島原発による被害者にいち早く対処する責任が存在している。

石原知事は部外者ではない。

同時に、過去にない大事故を引き起こした現実に、全国民にお詫びし、速やかにその対処する姿勢が求められている。

石原知事の発言は、誰に対して発信した言葉なのかを明快にする必用があり、追求すべきである。

福島の浜通から、三陸地域の人たちは、日本でも極めて温厚で自然と調和し生活されてきた伝統がある。 我欲でがつがつした生活習慣は見られない。

なかでも浜通りの松林や海岸では今も馬をペットとして散歩する姿があり、年一度の馬追祭だけに飼育している。

経済的飼育ではない。

江戸時代から続いた生活習慣が残されている。

稲作の反収も日本の平均よりも少なく、農薬を極端に制限し栽培している。ペットの馬や牛の餌になっているためである。

この地域の人たちに浴びせられた、「これは天罰だ、我欲を流せとは」絶対に許せない言葉であ。

 

原子力を使うことは、科学的に想定外の文字は存在しない。

想定外の全てを検討し対処する設計でなければ、人類が使用してはならないことは、科学者は理解しているはずである。

想定外ではなく、経済的な側面から削られた施設設計の為に生じた結果に過ぎない。

想定外は言い逃れに過ぎない。

 

我々は自然に対し常に謙虚で無ければなら ない。科学はより一層の謙虚さが求められている。

◆津波災害お見舞い申し上げます

津波災害お見舞い申し上げます。

 

このたび、東日本大震災で亡くなられた方々に哀悼の意を捧げ、被災者の方々にお見舞い申し上げます。被災地の早い復興をお祈り申し上げます。

 

つきまして、弊社が取り扱っているIH調理をされておられる方、オール電化の家庭では、電子レンジ調理に転換してください。使用電気料か大幅に転換できます。「磁性鍋の効果」で早く簡単に調理できます。ぜひお試し下さい。

◆3月26日(土) しまの大学にて「癒しの香り、コブミカンの苗」100本が配布します。

しまの大学では、昨年12月に開催されたアイデアコンテストで島の方達が投票し、最優秀賞を受賞した『香りと癒しの上島(京都府の河野武平氏のアイデア)』を『癒しと香り学部』として、コブミカンなど芳香性の高い植物を栽培し、高齢者の就業機会を増やして、癒しの香りから健康長寿の上島を目指す取組みをスタートしました。

 

そして3月26()、しまの大学の「香りから地域の活性化を」の一環として、いよいよ、次へのステップに入り、「癒しの香り、コブミカンの苗」100本を島民に配布し栽培が始まります。当日は2月に播種していたハーブの苗3種類も合わせて配布し、栽培が始まります。

 

詳しくはこちらから

◆「ちゃぐりん」に野菜シートが掲載されました

食農教育をすすめる子ども雑誌「ちゃぐりん」に食べられる野菜シートが掲載されました。

ちゃぐりん 2011年3月号
http://www.ienohikari.net/chagurin/201103.html

掲載記事はこちら

◆第10回MITビジネスプランコンテストが開催

008.jpg

去る2010年8月26日、第10回MITビジネスプランコンテストが開催されました。

当日最終ファイナルは8件のテーマが残り、最終審査が行われました。
この8件のファイナリストに当社が提案する
未利用資源の活用をテーマにした「香りの和紙ビジネス」と「食べられる野菜シートビジネス」が認定されました

くわしくはこちら→



◆食べられる野菜シートテレビで放映

2010年7月2日京都テレビ「京都bizW」において食べられる野菜シートが紹介されました。

動画を見る→

◆食べられる野菜シートテレビで放映予定

2010年7月2日(金)KBS京都午後9時25分から生放送の
経済情報番組 「京bizW」の「すぐれmono」という5分ほどのコーナーで野菜シートが紹介される
予定です。
ぜひご覧ください。

(番組の事情により、放映日、放映時間が変更になる場合があります。ご了承ください)

◆食べられる野菜シート、ラジオで紹介

2010年6月25日(金)北海道、HBCラジオ「朝刊さくらい」にて午前830分ごろより「野菜シート」が紹介されました

◆「野菜100%」シートメディア掲載記事

100616kyoto01.jpg

2010年6月15日、京都工芸繊維大学にて新開発された、未利用野菜を利用した野菜シートの発表会が行われ、メディアで紹介されました。

 ・日本農業新聞
 ・京都新聞
 ・産経新聞
 ・読売新聞


野菜シートについて詳しくはこちら→

◆未利用資源の有効活用。食べられる"野菜100%"の和紙を開発

IMGP8114.jpg

タマネギの皮やにんじんの葉、大根の葉など野菜の未利用部分を紙漉き技術を使ってシート状にすることに成功。京都工芸繊維大学大学との共同研究で、先の香りの和紙開発に継ぎ日本古来の紙漉技術と「磁性鍋」の酸化還元処理技法を利用して開発したもの。
野菜100%なので食べることも可能、さらに厚みや使用原料などを自由に調整することができるため、今後の幅広い利用が期待できる。

研究発表会レジュメダウンロード


2010年6月15日に京都工芸繊維大学において研究発表会があり多数のメディアにも紹介されました。
日本農業新聞、京都新聞、読売新聞、産経新聞への掲載記事はこちら→

IMGP8113.jpg



記者発表時の様子
京都精華大学 田村講師(左)
京都工芸繊維大学 木村教授(中)
(株)精膳 河野


◆自然素材を活用した機能性紙の商品開発事業研究会、京都新聞に掲載

自然の樹の葉の香りを利用した和紙(竹パルプ)を利用した商品開発事業第一回研究会(2010年3月1日開催)の様子が京都新聞に掲載されました。

くわしくはこちら→

◆酸化還元調理の方法

明けましておめでとうございます。

091231kyoto_np1.jpg株式会社精膳では、21世紀の課題、「人々の健康と食生活」「飲用水と健康」「農業生産と環境」「燃焼と省エネルギー」を一体として捉え、事業の理念に掲げ、これまで研究開発を進めてきました。
そして、平成18年に開発した「磁性鍋」は、これまでの研究開発の成果として販売を開始しました。

(磁性鍋を使った香りの和紙の研究が、
 2009年12月31日の京都新聞に掲載されました。)

◆第3回ブラックバス(近江すずき)有効活用研究会の様子が新聞に掲載

 京都新聞の滋賀版(2009年12月1日)に、第3回ブラックバス(近江すずき)有効活用研究会の様子が掲載されました。

◆メタボレスタオルがTVで紹介されました!

2009年6月20日、TV番組「スッキリ!!」内の「6月21日は父の日 ユニークプレゼント」のコーナーにて、メタボレスタオルが紹介されました。


メタボレスタオルがTVで紹介されました(動画)

◆メタボレスタオルがTVで紹介されます

2009年6月15日(月) 9:20~
日本テレビ 「スッキリ!!」内で、メタボレスタオルが紹介されます。

メタボレスタオルについてはこちら
http://www.metaboless-cooking.com/towel/index.html

デジタルパレット芝山 ホームページはこちら
http://www.kyoto-some.co.jp/


 

マイクロ波超流体

間伐材棺を活用しよう

磁性流体発電

チュニジアを有機農業の国に

愛媛県 しまの大学 「香りと癒しの上島へ」

未利用資源有効活用研究センター

食べられる野菜シート研究開発情報

近江すずき(ブラックバス)商品化事業報告

カドミウム汚染米と食の安全性

セミナー・フォーラム情報

メディア掲載情報

磁性鍋最新情報

上勝村最新情報

食の知恵

環境問題と農作物

京都カルチャー

メタボリックシンドローム対策情報

研究報告

行事情報・報告

料理研究家 堀知佐子&「リール」最新情報

消費税の増税とTPP参加を考える

戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略